スポンサードリンク

インド映画 ボリウッド女優でダンスがうまいのはアイシュワリヤ・ラーイ・バッチャン。努力の人なのよねぇ~。


すっかりバッチャン・ファミリーになったアイシュワリヤ。
お姑さんのジャヤ・バッチャンは怖い感じだけど、大丈夫なのかなー。

image174

1994年のミス・ワールドなんだよ。美しすぎる!
そんなアイシュももう41歳。
バッチャンファミリーの御曹司アビシェクと結婚、ママになって太ったとか揶揄されているけど、美しいことに変わりはない!!!

最初はただ綺麗なだけ、だったんだけど、努力の末に踊りが上手になった!
国宝級の踊り手として知られているマドゥリと一緒に踊っても遜色ない腕前に!

すごいなぁぁアイシュ~~~大好き~~~!

スポンサードリンク

■最初は踊りが下手っぴだった!

アイシュのダンスは絶品!あのマドゥリと同じくらい上手!
それが今の(っていうか、ちょっと前の)アイシュの評価だよね。

 

でもね。私は覚えてる。アイシュはね、ダンス下手くそだったんだよ・・・・・・・。

 

1994年にミス・ワールドに選ばれたアイシュ。
世界が認める美しさ!ほんと、神々しいくらいに美しかったよねー。今もだけど!!!

 

でも、あの頃はまだ、インドの美女っていったら、ふくよかな女性だったんだよなー。
だから、インドではそんなに人気が無かった、って言う話をインド人から聞いたよ。
だってアイシュは、インド人の目には痩せすぎに見えてたから。
アイシュがミス・ワールドになったことがきっかけで、世界の美の基準は痩せてることなのか!ってビックリしたんだってね、インドの皆さん。

 

1996年にスクリーンデビュー。あんまり評価されなかったらしい。
翌年、1997年に「ジーンズ」っていうインド映画に主演したんだけど、その宣伝がすごくてさー。私、そのころ同じインド文化圏の国にいたんだけど、テレビひねれば「ジーンズ」の宣伝やってたんだよねー。世界中を巡ってロケしたんだ、って。万里の長城でもロケやってたし。
それはそれは美しい、アイシュの笑顔。お人形さんみたいだったんだよ~~。

 

 

インド映画って、ご存知の通り、歌や踊りが満載。なぜこの場面で歌う!?って奇異に感じたものよ。でもね、見続けてハマってくると、あの歌や踊りがあるからこそ、映画に深い感動をもたらしている、って思えるようになったの。歌も踊りもない日本の映画、つまんなーい・・・。
私ったら、そんな身体になってしまったのねぇぇ~~~~!

 

 

ってわけで、アイシュが世界各国で美しく踊るのかしらーって、楽しみにその映画を観たんだけど・・・・これまたひどかったんだよねぇぇぇ~~~~

 

 

確かにアイシュは美しくて、様々な衣装に身を包んで女神のような麗しさだったんだけどさ
踊りが・・・・・・・下手で・・・・・・・ただ揺れているだけ、って感じだったんだよ!!!!!

 

インド映画では、踊りが上手な事が必須なんだよね。美人ってだけじゃダメなの。
ちなみに、歌は下手でもいいの。ほとんど口パクだから。歌手は別にいるのよ。

 

踊りが下手くそ!って酷評されて・・・・・・・アイシュは・・・・・・一念発起。
インドの伝統舞踊を一から学んだんだよ。
ただでさえ忙しい毎日だけど、向上心をもって、毎日地道に練習を続け
今では、ボリウッドで1,2を争う踊りの名手になったの!!!

 

すごい!!生まれ持った美しさに、努力まで加わって、ボリウッドの女神に上り詰めたんだよね~~。

 

 

 

 

■全盛期は無敵!

私が思う、アイシュワリヤの最盛期って、2002年の映画Devadasから5年くらいなの。
異論ある方も多いと思うんだけど、あくまで私の印象ね。

 

とにかく、Devadasはぶったまげましたよぉ~~。
女神よりも美しく、演技力も素晴らしい。
そして、インド国宝級の踊り手と言われていた、マドゥリという女優さんと
同じ場面で一緒に踊ってたんだよ!!!!
そして、まったくひけをとらなかったばかりか、もしかしてマドゥリより上手なのかも
って思っちゃう程だったよぉぉぉぉ~~~!
(文字)ww.youtube.com/watch?v=Jbn39j-xa-k” target=”_blank” rel=”nofollow”>この動画見て!背の高いほうがアイシュ、低いのがマドゥリだよ。
インド映画のダンスってさ、その場で振り付けを決めてちょっと練習してすぐに撮影、って言うのが多いらしいんだよね。
さっきの曲、引きで撮ってるのが多いでしょ~~。だから二人とも、続けてちゃんと踊っているっていうことなんだよね。細かいカットの踊りだったら、通して踊っているのではなくて、細切れに踊るんだけど、そっちの方が簡単。
でも、踊りの名手である二人は、引きで堂々と踊っているんだよねぇぇ~~~素敵すぎる!!!

 

 

■元彼たち

アイシュは、年下であんまりさえない俳優さんと付き合っていたの。
ヴィヴェーク・オベロイ君。
そうそうたるトップスターから求愛されたにもかかわらず、いつまでもB級スターのヴィヴェーク君と付き合っているアイシュワリヤに、ものすごく好感もてたよなぁぁ~~~~。

image182

うーん。どうみても冴えない年下彼のヴィヴェーク君だよなぁ。

アイシュの元彼は、こんな冴えない年下だけではなかったんだよね。
なんと、あのサルマン・カーンとも付き合っていたらしいよね!
あ、サルマンはヴィヴェークにアイシュを奪われたんだっけ!??

 

サルマン・カーンっていえば、インド映画会ボリウッドの「3大カーン」の一人。
シャー・ルク・カーン、アミル・カーン、サルマン・カーン。
⇒ボリウッドの王シャールクカーンは恐妻家・・!?

大大大スターなんだよぉぉ。私も彼らの大ファンだし、感動的な映画を何本観たことか。

 

 

年下のかわいいヴィヴェークでも、大スターのサルマンでも、アイシュと結婚できなかったのよねぇ。アイシュが妻になった男性は、ボリウッドの神、って言っても過言ではない、アミタブ・バッチャンの息子、アビシェク!!!!

 

 

 

 

■バッチャンファミリー

そう。アイシュは、国民的スターであるバッチャン一家に嫁いだのですっ!!

バッチャン一家の主、アミタブ・バッチャンは、バッチャン神社が作られて祭り上げられるほどの大スター。

 

何年か前に、世界中で話題になった映画「スラムドッグミリオネア」と、バッチャンは深い関係があるの。
バッチャンは出演してなかったんだけどね。

 

まず、主人公の男の子が少年時代、トイレで用を足していたところ、大スターが来た、と大騒ぎになったシーン、覚えてる?その時、アミタブ・バッチャンが来た!っていうことになっていたの。スラムの人たちも熱狂するほどの大スターなのよね!
主人公の男の子は、意地悪されてトイレのドアを閉められていたんだけど、バッチャンに会いたいばかりにトイレの肥溜めに飛び込んで脱出をはかり、糞尿でドロドロの姿で「バッチャン!」って大スターに会いに行ったんだよね。臭くて汚い少年に優しくサインを書いてくれたのが、バッチャンなんだよねー。

 
スポンサードリンク

 

それからね、日本ではみのもんたが司会していた「ミリオネア」だけど、インドでもその番組はやっていて、司会はアミタブ・バッチャンなの!!!映画では違う俳優が演じていたけどね。

 

 

それから、バッチャンの妻も美しいと大評判だった女優さん。ジャヤ―さんっていうの。
若い頃は妖艶で美しかったんだけど、年を重ねるごとに、インドの婦人特有のふくよかさが増してきたんだよね・・・。口角も下がってるしさ、ちょっと怖いなぁ、っていう印象なんだよね。

 

 

アイシュは結婚前に、夫となるアビシェクと共演して映画と撮ったんだよね。
そのなかで「私は結婚しても太ったりしないわ」っていうセリフがあって・・・・
それって姑のジャヤ―のこと揶揄してるんじゃないの、って思っちゃったよー。
ジャヤ―、ちょっとむかついただろうなぁ。

 

インド文化圏って、星占いで何でも決める事が多いんだけど、もちろん結婚もホロスコープでいろいろ決めるんだよね。

 

なんかね、アイシュってバッチャン一家には災いをもたらすサインかなにかがホロスコープか何かに出てたらしく、ジャヤーが結婚に難色を示したらしい。
そんで、アイシュの悪い星を消すために、ご利益のある神社でお参りしたりしたんだってよ。

 

image183

そんで、めでたくバッチャン家の嫁になったアイシュ。
よかったねぇぇ~~!

 

上の写真の、左から舅のバッチャン、姑のジャヤ―、
嫁のアイシュ、夫のアビシェク。

 

アビシェクは、親の七光り的存在の映画俳優さんだったんだよね。
なんかボーって突っ立ってるだけの演技が多かったのよ。
時々ニヤーって笑うだけ、みたいな。

 

私の印象では、2005年のBluffmasterっていう映画の花柄シャツ姿くらいから
ひと皮むけた感じがするんだよね~~~。
あの映画から、アビシェクのファンになったもんね私。
いきなりアビシェクの魅力が全開になった!って感じがしたのー。
演技もダンスもすんごく良くなった!!!!!

 

アイシュとアビシェクの間にはベビーも産まれたし、バッチャンファミリーはこれからも安泰だね!
姑のジャヤ―は、嫁イビリしそうな感じだけど、大丈夫かしら。アイシュは強そうだし大丈夫よね。案外、嫁姑で大の仲良しだったりするかもしれないし!

 

30歳すぎたらインド映画ではヒロインの仕事はできない、なーんて言われてたのも昔の話になりつつあるよね。
41歳になっても美しく、人間も円熟してきたに違いないアイシュ、若い頃とはちがった役どころで、またヒロインとして頑張ってほしいなぁ~~!

 

インド映画を観たら恋をしたくなるんだよねー!!私も頑張ろう~~っと!


スポンサードリンク

コメントを残す