スポンサードリンク

ジェーン・スー 本名は?相談は踊るが面白すぎ!「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」身に沁みる・・


よっ!未婚のプロ、永遠の女子ジェーン・スーさん!

image161

バッサバッサ斬りまくる語り口が、もぉ小気味よくって癖になっちまいますよね。
ラジオ「相談は踊る」、そうそうそう!!!って納得の回答ばかりで楽しいの。
「わたプロ」もさ、わかるよその気持ち・・って、まるで自分を見ているようでさー・・・
未婚のプロになっちゃってるんだ私!!ってびっくりしたもんね~~~

「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」アイタタタタタ・・・って痛みが走る内容もあったけど、どれも納得。もぉ、スーさんについて行きます!

いいのよね、私このままで・・・ね?スーさん!??未婚のプロ度は60点だったんだけど!!

スポンサードリンク

■ジェーン・スーの由来

最初、香港の人なのかな?どっかの日系人?なんて思っちゃってました。
生粋の日本人です!!!!
何をしている人かというと、作詞家・音楽プロデューサー・ラジオパーソナリティ・コラムニスト
って、いろいろ肩書があるのよね。本も書いてるしねぇ。
マルチな才能ってこういうことなのねぇぇ。

 

もう知れ渡っている話なんだけど、「ジェーン・スー」って名前になったのは
東京の宿泊先を探しているときに、外国人向け価格がえらい安い、というホテルをみつけ
これは使わない手はない!って、外人のふりをして電話予約、そのときにとっさに出た名前が
「ジェーン・スー」だったそうな。
見事、外国人としてその宿を予約でき、宿泊できたんだってさ~~~

 

なんでも、当時付き合っていた恋人と、一日違いの誕生日を高級ホテルで祝おう、っていう場面だったらしいねぇ。誕生日に高級ホテルなんて、べたなことを、ちゃんとやってたんだねスーさん!「べたなこと」なんて、けなしてるんじゃないからね。うらやましいんだからね!
バブル時代あたりの話なのかねー?

 

って思って調べてみたら、2005年あたりのことだったんだってねぇ。
そのころ大恋愛してたんだって。そんで大失恋したんだって・・・・。

 

その高級ホテル、外国人向けに格安で「visiting  Tokyo」プランを実施していたらしいよ。
高級ホテルのことを「四季旅館」っていってたけど、つまりフォーシーズンズホテルのことだよね!?おおお、高級だよね。ペアで泊まって6万円以上だよねー。
そんな高級ホテルの外国人向け格安プラン、良く見つけたよね、スーさん!まー格安ったって何万円もするんだろうけどさ。

 

そんで、彼氏と「これは使わない手はない!」って話になって、夜中にホテルに予約の電話入れたんだってさ。「時差っぽくていい!」ってことで夜中に電話したんだってーーー。

 

それで、外国人の名前を、ってことで、アメリカに留学していた時のルームメイト「ジェーン」の名前を出して、苗字は西洋人っぽいやつは顔がついて行かない、ってことで、とっさに香港人の「スー」にしたんだって~~。

 

そんで、香港の有名ファッション雑誌編集者、っていう架空の肩書で、お部屋を用意してもらった、っていう話があったよ。ホントなのかねぇぇ?
「プレステ貸して下さい」って言ったら、海外用のプレステで、もってきたソフトが使えなかったんだって。笑う~~~~~!!!

 

えーっと、良い子は真似したらいけませんよぉぉぉ。詐欺になっちゃうかもだよ!

 

 

そのホテル、パスポート確認はしなかったのかしらね。普通するでしょ。身分証明するでしょ。
スーさん、どうやってその局面を乗り越えたんだろう~~~~~~
名前や住所、カードに記入しないといけないよねぇ。香港の住所を、どこか適当に調べて書いたのかな?

 

今、売れっ子になって、名前もよく出るようになったんだけど
フォーシーズンズホテルの人たち「あ!あの人だ!」ってビックリしてるんじゃないの?

 

スーさんが偽名で宿泊したのは一度きりではなくて、「ジェーンスー祭り」を企画して、友達たちも巻き込んで楽しんでたんだってね~~。みんな留学生とかになりきって、インド人ハーフのボーイとかに「チャイはないの?」ってからかったりして遊んでたんだって。

 

 

きっと、ハロウィン的なノリだったんじゃないのかしらねー。楽しかったんだろうなぁ~~。

 

 

最近では、親御さんにもばれちゃったんだってね。どうやら自分の娘が「ジェーン・スー」って名前で仕事をしているらしい、って・・・。
お母様はもう亡くなっているらしいんだけど。お父様とは、今年の元旦にも、一緒にお店でコーヒー飲んでた、っていう目撃情報あるから、きっと仲良し父娘なんでしょうね。

 

 

 

 

■ジェーン・スーさんの本名は?

スーさんの本名、どんなのかしら。探してみたんだけど、出てきてなかった~~。
もうすぐしたら出てくるのかな!?

 

出身大学はフェリス女学院大学なんだって~~~お嬢様大学だわぁぁ。
でもサークルとかはフェリスが肌に合わなくて、早稲田のやつに入ってたんだってねー。
フェリスってだいたい慶応と仲よくなるらしいんだけど、スーさんは慶応ボーイは合わなかったんだってー。

 

フェリスかぁぁぁ。憧れるよね。モテモテなんだろうな、フェリスに在学してたら。
なんでも、彼女として紹介したい大学トップ1じゃなかったかしら。
「俺の彼女フェリスなのよ」っていうの、すんごく自慢できることなんだろうね。

 

フェリスの同窓生さんとか、スーさんの本名知ってるヒト多いよねぇ。
どなたか、スーさんの本名教えてください~~~なんか興味あるんだよなぁ
ホントはどんなお名前なのかなーって。

 

ところで、私思うんだけど、スーさんって横顔がむっちゃいい感じだよね~鼻高くて。
すんごく知的な感じが出てるよね~。

 

 

 

■相談は踊る!

ネーミングがまず面白いよね。「会議は踊る」が連想されちゃうわよね。

「会議は踊る」って、ナポレオン失脚後のウィーン会議を背景にした、オーケストラ歌劇。
ウィーン会議が、舞踏会とか晩餐会とかばかりでちっとも先に進まない様子を風刺して
「会議は踊る、されど進まず」って言葉が産まれたんだってね~。

 

スーさんのラジオ「相談は踊る」は、「されど進まず」って言う感じでは無くて
ちゃーんと進んでるけどね~~~~

 

スッパスッパと切り捨てて、思いもよらない角度から分析して
ストンと胸に落ちる回答だったりして、フムフム!って感心しちゃうんだよねぇぇぇ。

 

最近の相談では「女性が故に仕事を任せてもらえない」っていう切実なお悩み。
スーさんも身に覚えがあるらしく、とても冷静にまじめに回答してるんだよねー。
上司との根回しの必要性とか、上司からの期待値だとか、分析してた。
「うまいネゴシエイターにならなければ」って言ってたよ。

 
 
スポンサードリンク

 

「親孝行」についての質問もあったね。
「自分が理想の自分になること」「子どもが幸せな姿を見せる事」っていう言葉があって、ああ、って思ったよ。
あと、究極、親がぶっ倒れたときにお世話すればいい、みたいな話もあった。
ここで聴けるから、試してみて!
スーさんって、声がいいんだよねぇ。歯切れがよくって、聴いてて気持ちがいいの。
言葉がポンポン出てくるし。台本あるのかな?ってくらいに面白い内容なんだよねー。
ラジオって台本あるんだっけ??

 

 

 

 

■テレビでも活躍

私がはじめてスーさんを見たのは「10匹のコブタちゃん~ヤセガマンしないTV」ってやつで。
深夜、たまたまつけた番組がやたら面白かったんだよねぇえ~~
わたしも「コブタちゃん」部類なので、親近感ある番組だったのよぉぉぉ~~~

 

その番組のテーマは「ノーモア ヤセガマン」。あー、なんか心地いい響きよねぇぇぇ。
「おめざ」ならぬ「おねざ」。寝る前に食べるとおいしいものを紹介したりして、コブタちゃんにはたまんない内容なんだよねぇぇぇぇ~~~

 

森三中さん、渡辺直美ちゃん、柳原可奈子ちゃんに混じって、スーさんが出演していたの。
全員、豚の鼻をつけて登場。
他の皆は知ってるヒトなんだけど、スーさんだけ知らないヒトだったの。
一体誰、この人?あたらしい女芸人さんなのかな?名前がジェーン・スーだなんて、外国人なのかな、って、いろいろ思ったよー。

 

スーさんは、森三中さんたちがにぎやかに進行していくなか、端っこの方で座ってることが多かったんだけど、音楽を担当したり、気の利いたコメントを言ったりして、すんごく気になる存在だったんだよね~~~~~~

 

スーさんの正体をわかった今、もう一度あの番組を見直してみると
また格別に面白いんだよね!

 

 

 

 

■作家として

2冊、本を出したね、スーさん。タイトルがまたすごくって心をがっちりつかむんだよね~~~

 

「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」
「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」

 

未婚のプロであり永遠の女子であるスーさんの言葉ひとつひとつが、胸に突き刺さったり
納得したり、忙しい限りなのよね~~。

 

その昔、林真理子さんが「ルンルンを買ってお家に帰ろう」を出版したときと、印象が似てるなって思ったよ。すんごく新鮮で、味方になってくれる感じというか・・・。

 

素晴らしい才能だよね、スーさん。
なんでも、ミクシ―のブログだか掲示板高が芸能界のひとの目にとまって
今の地位があるらしいね~~~。文才とか切り口の新鮮さが輝いているんだよね。

 

スーさんみたいに、知性と地位と才能がある女子になりたいな・・・・・
憧れてしまうよね~~~!!

 


スポンサードリンク

2件のコメント

  • 匿名

    つもりだ、じゃない?

    • kizaki

      ご指摘ありがとうございました< (_ _)>
      肝心の本の題名を、間違えていました・・・・
      「つもりか」じゃなくて「つもりだ」でした。
      スーさん、ごめんなさい・・・・

コメントを残す