スポンサードリンク

朝ドラまれ 最終回 感想・・なんだか脱力感・・


えーっと、世界一のパティシエになるっていう夢はどうなった?
集大成が自分のウエディングケーキですか・・・・
これで終わり?って思って、ついつい出ちゃったよ「はぁ?」って!!

image367

要するに家族が一番で、昨日より今日が少しだけよくなるっていう事が「夢が叶う」っていうことなんだね?
ラストは「純と愛」のような絶望感は無かったものの、歌ったり手作り結婚式だったりまれの自己弁護的なあいさつだったり
え・・・?って感じの、なんだか微妙なものだったよね・・。

最後はもっと、ものすごいミラクルが巻き起こるのかと思っちゃったよ~。
いい役者さん揃ってたのになぁぁ~~~あー、もったいない・・・。

スポンサードリンク

えーっと、とりあえず8月10日は、まれと徹と、まれの子どもたちと、皆の誕生日なんだ、っていうことはわかった。
だから、ウエディングケーキなんだけど、バースデーケーキでもあるんだよね?
魔女姫人形も載せて、一番最初に食べたシェフのあのバースデーケーキを再現してるんだよね?
でっかい飴細工がどーーーん!ってのっているケーキじゃなくて良かった・・・・
変な人形がいっぱい乗ったケーキじゃなくて良かった・・・・

ハッピーエンドっていう感じなのも、まぁまぁ良かった、って言ってもいいかな。
純と愛みたいな、どうにも救いのない最終回じゃなかったので、ちょっと安心。

これまで次々と起こっていたミラクルが最終回に限って起こらず
主題歌をみんなで歌ったり、まれが長く独白して時間をつぶしたりして
ハッピーエンドではあるけど生ヌル~~~い終わり方になってしまった気がする。

少なくとも私には「まれロス」は無いなぁぁ。
いまだに「あまロス」ではあるけど。

幸枝おばあちゃん、最終回は出なかったねぇ。

幸枝おばあちゃんが、家族を捨てて夢の為にパリへ渡ったということの対比として
まれはパリへも行かず家族を第一に考える、っていう設定になったのかなぁ、って思ってたんだけどな。

家族を捨てなくても一流になれるよ!っていうことを幸枝おばあちゃんに知らしめる
っていう展開になっていくのか、って思ってたんだけど、そういうのは全く無かったねぇ。

結局・・・・・おばあちゃんがパリの一流パティシエで、藍子を置き去りにしてまでつかんだ栄光だった、っていうエピソード、必要だったのかなって思っちゃうよ。まれは、おばあちゃん譲りの天性の天才的な舌を持ってて、どんどん出世しておばあちゃんと肩を並べるところまで行く、のかと思ってたんだけど
そういうのは無かったね。やっぱり家庭を持つ女は、なかなか一流にはなれない、っていうことかしら。

徹からも幸枝からも置き去りにされた藍子。歪んだ性格は最近はほとんど出てないけど、藍子大丈夫なのかなぁ。
かなり心配だよ・・・・。

スピンオフあるみたいだけど・・・・どうしようかなぁー。

 


スポンサードリンク

コメントを残す