スポンサードリンク

情熱のシーラ 感想3話 あらすじネタバレ!カンデラリアいいね~!あのシーンはそういう理由だったのね・・・!


ドラマティックで急展開!まったく飽きない内容で、すでにハマりつつある・・・
モロッコのエキゾチックな音楽が、気分を盛り上げてくれるよねぇぇ~~!

image316

カンデラリアという、ダウントンでいえばバイオレット元伯爵夫人か、料理人のパットモアさんって感じのおばちゃんが、とてもいい味出してるよねぇ~。

あと、下宿のおばあちゃんたちも、なんだか面白くて可愛らしい。

「情熱のシーラ」では、あぶないものを身体中に巻きつけているシーンがすごく印象的だったんだけど、なるほどそういうことだったのかー。

スポンサードリンク

■カンデラリアおばちゃん

警察に弱みを握られているカンデラリアおばちゃん。
詐欺師かなにかだったのかしら?「ろくでもないペテン師」って警察から言われてたもんね。

 

なんだかとってもやり手って感じよね。暖かい人柄だし・・・・。シーラは、ずいぶん救われたよね、カンデラリアに。

 

シーラにいろいろ諭していたんだけど、どれも的確な言葉ばかり。とくに、冒頭の、失恋の傷をもつシーラにかけた言葉が良かった。私も失恋の時、あんな風にカンデラリアに言ってもらいたいな。

「朝起きて彼の事を考えないようになったら、立ち直ったってことだよ」

「忙しくしてりゃそんなこと考える暇もなくなるさ。まずは食べて、力をつけて、でかけるの。」

「私にも似たようなことがあってね。夫にすてられて2年間のた打ち回るほどもがき苦しんだ。2年だよ!2年も無駄にした。それならトランプしてたほうがマシさ!」

 

このおばちゃんと組んだら、何だか大丈夫っていう気がする。でも、浅はかな間違いを犯さなければね・・・・・ちょっとハラハラしちゃうよね・・・。

 

 

 

■シーラの色仕掛け

女スパイとしての片りんを見せていたね、シーラ。
マドリードに帰りたい一心で、っていうことだけど・・・・パスポート欲しさに、アンドレースと呼ばれている男に色仕掛けを・・・。

 

オシャレする気は無い、って言ってたけど、カンデラリアに新しい服を作るように命じられて、白地に小さなプリントのかわいいワンピースを仕立てたシーラ。
鏡の前で服を直していたのは・・・・アンドレーヌが来ると計算してのことだったのかな。
それとも、アンドレーヌが覗いていることに気が付いて、それから誘惑作戦を始めたのかな。

 

アンドレーヌはまんまと引っかかってシーラの虜になった。偽造パスポートをプレゼントして、シーラといい仲になろうとしたんだよね。

 

で、偽造パスポートができる寸前に、アンドレーヌが逮捕されちゃったんだよね・・・・・。
「3番目のタイルに・・・」ってシーラに言い残して。
アンドレース・コルデーロって言う名前だったのね、アンドレーヌは。

 

アンドレーヌの部屋のタイルの下には拳銃がいっぱい隠されてた。てっきり貯めた現金かと思ってたんだけど・・・・・・・。

 

カンデラリアはこれを売って、シーラと一緒に仕立て屋を始めようと思ったのね。
身体じゅうにくくりつけて、布を身体に巻いてモロッコ人のおばあさんに変装したシーラ。
警察に見つからないように走るシーン、検問所で涙が眼にいっぱいたまっているシーン、どれも手に汗握る展開だったよね!!

 

やっと取引相手と会って、身体に着けていたものを渡すときのシーンが、なかなか色っぽかったよね。男性がとても礼儀正しかったのが印象深かった。シーラも清らかな感じが目立っていた。犯罪に手をそめているというのに、当の本人たちが実に清らかで優しくて・・・・人間ってとても複雑な生物なんだなーって改めて思ったよ。
スポンサードリンク

■下宿のみんな

クセの強い下宿人たち。みんなスペイン人なんだけど、内戦で故郷に戻れなくなったり、故郷を追われたりした人たちなのかしらね。

 

おばあさんたちの名前は、ザグラリオとベニータ。白髪のおばあちゃんがザグラリオね。
息子がいるのがエルミニア、息子はファニート。

男たちには名前がないのかな?「セールスマン」とか「秘密結社」とか言われてる?
セールスマンが、とにかく下ネタばかり・・・・・。

 

シーラがカンデラリアのために仕立てた服があまりにステキで、ザグラリオとベニータ、エルミニアの3人も仕立ててもらうことに。カンデラリアが元締めみたいになって、布代と仕立て代を取って、商売がはじまったね。

 

ザグラリオとベニータとエルミニアがキャッキャいいながら服地やデザインを考えている所、可愛いシーンだったよね。シーラにやっと訪れた平穏な日々、って言う感じだった。

 

女性たちがオシャレしてウキウキして、男性も喜んでたね。食卓がちょっと華やいだ!
やっぱり見た目って大事なんだなーって、あらためて思ったよ。

使用人のジャミーラが若くて健気で、下宿人たちとの対比が鮮やかだねぇー。
彼女は、やがてシーラの仕立て屋を手伝うようになるんだって!!

 

 

 

■来週のあらすじ

NHKの公式HPに乗っている、第4回のあらすじは次の通り。

4)「つきまとう影」

シーラは立派な部屋を借り、念願の婦人服の工房を開くことに。バスケス署長は、開店資金をシーラたちがどうやって準備したのか不審に思う。外国の裕福な婦人たちを顧客にするため、カンデラリアの助言に従い、おしゃれに変身するシーラ。いよいよ工房がオープンするが、なかなか客がこない。初めての客としてやってきたドイツ人の女性の注文に悩んだシーラは、下宿の向いの部屋に住むフェリックスに助けを仰ぐ。

つきまとう影、というのはラミーロのことみたい。
どうやら来週は、らみーどが盗んでいったシーラの宝石が見つかるみたいね。
ラミーロは?消されたのか?

■みんなの感想

 

 

⇒情熱のシーラ感想はこちら!語り合いましょう☆


スポンサードリンク

2件のコメント

  • mami

    面白いし、シーラがとても魅力的。

    • kizaki

      namiさん
      コメントありがとうございます< (_ _)>

      私、あんまり期待していなかったんですけど、面白いですねぇ!
      ホント、シーラが魅力的ですね!!

コメントを残す