スポンサードリンク

情熱のシーラ 感想 次回のあらすじ!ラミーロひどすぎる・・モロッコのアラベスク模様が美しい!でもやっぱダウントンアビーがみたい・・


ラミーロ悪い男だわぁぁぁ!!!
シーラの全財産を根こそぎ奪って逃げるなんてさぁ・・・・・・

image309

眉毛の太さが衝撃的なラミーロ、典型的なダメ男だったね。
いや、ダメ男なんてもんじゃない。詐欺師だよ。犯罪者だよ。

流産したし無一文になったし、絶望の淵に立たされたシーラ。
これからどう巻き返すの!???

スポンサードリンク

■極悪太眉男ラミーロ!

最初から悪い男くさかったラミーロ、やっぱり人でなしだったね。
そもそも、どうしてシーラに近づいたんだっけ?シーラが父親からお金や宝石もらうって知ってたのかしら?

 

モロッコの先っぽの街、タンジールに渡ったシーラとラミーロ。
ジブラルタル海峡を隔てただけなのに、ものすごく異国情緒あふれているイスラムの国なんだよね。

 

実は私、モロッコのタンジール行ったことあるんだよ~。
そこからフェリーに乗ってスペインに渡ったんだよね。
シーラとは逆ルートだったんだねー。

 

フェリーに沿って、イルカの群れが泳いでいるのが感動的だったんだよ~~~~
あーなつかしいわぁ。まだ私が20代半ばの乙女だった遠い昔の話よ・・・・!
日本から南西アジアに飛んで、そこからバルカン航空でブルガリアを経てモロッコのカサブランカに。そこから列車に乗ってタンジールに行って、そこで一泊して翌朝のフェリーでスペインに渡ったんだよ。

 

だから、「情熱のシーラ」をみたら、あの時の事を思い出すのよね。
大理石のお風呂とか、アラベスク模様のタイルとか、なんだか懐かしいな~~~ww

 

 

さて、シーラとラミーロが暮らしたタンジールは、まるでソドムのような背徳の街。
私が知っているタンジールとは全く違うぞ!!!!

 

イスラムの国だっていうのに、廃頽した生活を送る二人。

 

あれって、モロッコでは放映されてるのかしら。イスラムの国なのに・・・・。
同性愛とか複数愛とか示唆しちゃってるんですけど~~~~~~

 

 

ラミーロは、シーラのお金を使いまくって豪遊して暮らしてさー。
シーラの吐き気とか胸のモヤモヤは、そういうラミーロの態度に不信感を抱き始めたからなのね、って思ってたら
おめでただったのねぇぇぇ!!!

 

だけど・・・・・ラブラブだった二人が、次第にすれ違っていく・・・。
そんでとうとうラミーロはシーラを捨てて出て行ってしまうんだよねぇ・・・。

 

でも・・・・なにもかも持ち出すことないじゃない!ラミーロひどすぎ!!!!
それだけじゃなくて、借金まで・・・
まぁ、そんなことを詳細に置手紙にしてくれたおかげで、シーラは牢屋に入れられずにすんだんだけどさぁ。

スポンサードリンク

ドラマチックでスピード感満載の展開。
これからシーラは、宿のおばちゃんの服を仕立てて公表を得たことをきっかけに、デザイナーとしてのし上がっていくんだよね。楽しみ!

 

 

 

■来週のあらすじは?

ちなみに、公式HPで発表されている来週のあらすじはこちら
↓ ↓ ↓

(3)「針と銃」

内戦で母のいるスペインに帰れなくなり、カンデラリアの下宿に世話になることになったシーラ。あたたかい下宿人たちに囲まれ、次第に元気を取り戻す中で、カンデラリアはシーラに仕立ての才能があることを見抜く。そんなとき、シーラは同宿のアンドレースがあるものの密売に関わっていることを知る。故郷に帰るため、シーラは危険な賭けに出る

来週は、シーラが全身に拳銃を結び付けてる、例のシーンが観れるのかしら~。

ファッションも楽しみだよね。今日の白いワンピースかわいかった。
赤いボタンに赤い爪が美しかった~~~~!!!

 

 

 

■皆の感想はどうかな?

 

 

 

⇒情熱のシーラ感想はこちら!語り合いましょう☆


スポンサードリンク

2件のコメント

  • 風のふじまる

    モロッコを舞台にした名作カサブランカでは、モロッコの風景が見れませんでした。その点情熱のシ一ラは、あますことなく喧騒で美しい町並みを見せてくれています、映画の素晴らしい所のひとつに、異国情緒をつかの間味わせてくれます。情熱のシ一ラ、期待してこれからも観て行きたいですね。

    • kizaki

      風のふじまるさん
      コメントありがとうございます< (_ _)>

      オールロケの「情熱のシーラ」。美しい情景が沢山出てきて、風の匂いまでわかるような感じですね!

      そうかー、カサブランカって、モロッコの風景が出ないんですね・・・
      小さい頃にテレビで見たことしかなくて記憶が無い!!
      ちゃんと観てみないと、って思いました。

コメントを残す