スポンサードリンク

嫌われる勇気がドラマ化!キャストは?みんなの感想は?加藤シゲアキのエプロン姿に萌え★


せっかくアドラー心理学にフォーカスしたドラマだっていうのに、どうして刑事ドラマにしたんだろうか・・・
ちょっととっちらかって、浅ーく仕上がったって言う感じ。
それに、香里奈さんの仏頂面ばっかりで、「アドラー心理学」イコール「無愛想」みたいに受け取ってしまうんだけど、それでいいの!??
もっと深ーくアドラー心理学についてみっちり語る内容のドラマだったらいいのになぁ。身近な人間関係を題材にしてさ。

image425

そんな風に思いながら観てたけど、だんだん話に引き込まれていってしまったよぉ~~~

っていうか、石田ひかりさんにビックリ!!ご無沙汰してました!!!

スポンサードリンク

第一話の「落ち目の人気モデル」なんてさ、まるで香理奈さんのこと・・・・なーんて思っちゃう私って意地が悪いのかしら。

 

香理奈さんは「あんどうらんこ(庵堂蘭子)」という、アドラーをもじった安易な命名の主人公を演じているのね。
彼女のセリフひとつひとつに、アドラーの言葉がちりばめられているんだよねー。
ナチュラル・ボーン・アドラー・・・・
生まれながらにしてアドラーなんだってさぁー。

ありゃりゃ・・・・・・・

香理奈さんといえば、週刊誌のちょっといかがわしい盗撮写真で窮地に立たされちゃったよね。
あれは本当に彼女だったのかしら。
もし私だったら、あーんな写真が雑誌に載ったりしたら生きていけない・・・
でも「嫌われる勇気」があれば・・・!!!!(また意地悪言っちゃった)

蘭子の、アドラー心理学バリバリのセリフ、私が拾えたのが次の通り。

「いつまでたっても変われないのは、自分が変わらないと決心しているからです。」
「あなたの不幸はあなた自身から産まれたものです」
「みなさんがどう思おうが私の課題ではありません」
「私は誰かの為に生きているのではありません」
「私は他人の目を気にするといった、不自由な生き方は選択していません」

あとひとつふたつピンときたのがあったけど、覚えきれなかった(爆)

それにしても、最近、こういう女性を描くドラマが多くない?
ものすごく仕事ができるんだけど、まわりに全くこびなくて我が道を行くヒロイン。

杏さん演じる「藪下 依子」ドラマは「デート~恋とはどんなものかしら」
北川景子さん演じる「三軒屋万智」ドラマは「家売るオンナ」
米倉涼子さん演じる「大門未知子」ドラマは「ドクターX」

私が思い出しただけでもこんだけ出てきたー

どのヒロインも、むっちゃくちゃ仕事ができてステキな女性。
でも一匹狼だよねー。藪下依子はもうすぐ結婚できるって言う感じではあったけど、相手は普通の男じゃないしねー。

なんか・・・・・仕事できる女って、男が必要ないのかしらねー。
ちょっとステレオタイプすぎるかんじがするよ。
もっとしなやかで「できる」女性を描いてほしいよなぁーーー。

っていうか、実際にあるんだろうか。警察が心理学者に犯人像を聞きに行くっていう事。

椎名桔平さん演じる教授の大文字哲人・・・・謎だわーwwww

全ての悩みは対人関係の悩みである。
この世から他者がいなくなれば、あらゆる悩みが消え去る。
どんな悩みであっても必ず他者の目が付きまとう。

アドラー心理学についての説明をしてくれる存在。

「すべての犯罪は、対人関係の悩みが生む」
この言葉を聞いて、ああ、だから刑事ドラマにしたのかー?ってちょっと納得したよ。

アドラー心理学は「勇気の心理学」なんだね。幸せになるには勇気が必要なんだね!!!

「幸せになる勇気」なんですねぇ~

加藤シゲアキ君がとにかく走り回っている印象。
白いエプロン姿、すごくかわいかったよねぇぇぇ~~~
毎週あんなコスプレを見せてくれるのかな。

さぁーて、皆さんの感想は!?

 


スポンサードリンク

コメントを残す