スポンサードリンク

問題のあるレストラン 感想5話「ドラえもん」しずかちゃんのジェンダー的解釈に納得。 高畑充希ちゃんのかわいさ神レベル!


あああ男ってホントなんであんな偉そうなんだろうね・・・・
そんでもって思い込みとかキモいしぃぃぃぃ~~~~
でも、東出クンからのあんなプロポーズには・・・憧れちゃう!!!

image188

 

あー、このドラマ泣けるのよ。女であるわが身を振り返って
あの時流せなかった涙を流して、あの時言えなかった言葉を叫ぶような
ちょっと辛くて、そんでスカッとする内容だよねぇぇぇ~~

スポンサードリンク

■いろんな教習所があるんだね・・・

高畑充希ちゃん演じる藍里、女から嫌われる女設定なんだけど、やっぱかわいいわぁぁぁ~!

っていうか「≒」って「二アリーイコール」っていうんだねぇ。イコールにむっちゃ近い、っていう意味だねぇ。
女は付き合っている男の職業と≒なんだ、っていう彼女の持論、ある意味正解って言う感じなのかな。

健気だよねぇー。人に気を使いまくって・・・・・。
彼女の生い立ち、すごく気になっちゃう。なんか、小さな町の育ちだっていってたよね。
手袋つけて白菜洗ってた、って母親が非難されるような町で・・・・・。

 

同僚に誤解されて付きまとわれて、帰るに帰れずに流れていって、たま子に拾われた藍里。
「みんなが勝てる方法を教えます」なんていうから、一体何のことかと思ったら
「水着を着て接客すればいいんです!」って・・・・・・。

 

 

ハイジに「女の強がりは、女には見抜けるのよ・・」っていわれ、皆から慈しみというか憐み?というか、とにかく深い眼差しで見つめられて・・・・・

 

「え・・?何でみなさん水着着ないんですか?私いつも心に水着着てますよ。
おしりとか触られても全然何にも言わないですよ。
おしり触られても何にも感じない教習所卒業したんで。
その服男受け悪いよ、とかいわれても、
ああすいません気をつけます、って返せる教習所卒業したんで。

痩せろーとかやらせろーとかいわれても笑ってごまかせる教習所も出ました。
免許証、お財布にパンパン入ってます。
チカンされたら、スカートはいてる方が悪いんです。
好きじゃない男の人に食事に誘われて断るのは、偉そうな勘違い女なのでダメです。
セクハラされたら、先方はぬくもりが欲しかっただけなので許しましょう。悪気はないので、こっちはスルーして受け入れるのが正解です。

 

どうしてしずかちゃんはいつも、ダメな男と偉そうな金持ちの男と暴力振るう男とばかり仲よくしているかわかりますか?
どうしていつもお風呂場のぞかれてもすぐに機嫌直すかわかりますか?
どうして女友達がいないかわかりますか?

彼女も免許証いっぱい持ってるんだと思います。
上手に強く生きている女って言うのは、気にせず許して受け入れて・・・」

 

えーーーん、涙なしでは聞けない、藍里の言葉・・・・・・。
昔から現在に至るまで、そして、たぶん未来も、女はどんな理不尽なことをされても笑って許す存在になるよう、男たちから強要されて生きて行かないといけないのね・・・・。

 

でも、たま子が力強く言ってくれた。

 

「さわらしちゃダメ。あなたの身体は、髪も胸もおしりも全部あなただけのものなんだから。好きじゃない人には触らせちゃダメ。ここにも、ここにも、ここにも、心が詰まってるんだよ。あなたの心はあなただけのものなんだから。好きじゃない人には触らせちゃダメ。気にしなくていいなんていうヒトは、あなたの心を殺そうとしてるんだよ。」

 

ハイジも言ってくれた。

 

「女子力なんて男に都合のいい言葉じゃ、本当の強さは測れないのよ。」

 

そんなこと言われて戸惑った藍里。
「女どうし集まると、すぐそうやって癒しあう!そのままでいいんだよ、とか、生きてていいんだよ、とか そういうことはトイレのカレンダーにでも書いておいてください。私はただカラオケがしたかっただけなんです!」
きっと藍里、傷ついてボロボロになった心の傷に、沁みたんだろうね。

それにしても、いろんな教習所があるもんだ。
男たちは教習所に行く必要はないけど、女たちは、沢山の免許がないと男社会でやっていけないっていうことなのね・・・・・悲しい現実・・・・。

 

 

 

 

 ■ドラえもんのジェンダー的解釈

っていうか、藍里の話の中にでてくる「しずかちゃん」って、どらえもんのしずかちゃん、だよね。

 

確かに、しずかちゃんって女友達いないわねぇ。いつもつるんでいるのは、ダメ男(のび太)と偉そうな金持ち(スネ夫)、暴力男(ジャイアン)だもんね・・・・。
スポンサードリンク

バランスのとれた人格者の男の子って出てこないよね。あ、「できすぎ」クンっていたよね。彼が一番いいオトコ、なんだっけね??

 

でも主流ではないんだよね。あくまで「出来過ぎ」な突然変異的な扱い。普通の男は頼りないかうぬぼれるか暴力を振るう、っていうことなんだね。そんで、女はしずかちゃんみたいに、それを黙って受け入れるもんだ、って言う価値観がはびこっているわけね。
子供たちはそんな価値観を植え付けられながら成長するんだね。おそろしや!!!!!

 

いやーしかし、ドラえもんをジェンダー的視点から語るとああなるのか。面白すぎる!!!

 

 

まぁ、そうよね。米国のアニメだって、ちょっと前までは、女性のキャラってお色気かおバカしかいなかったんだもんね。セリフすらない時代もあった。ただニコニコして男を受け入れるだけ、っていう役割だったよね。ベティちゃんとか、知ってる?あれもお色気キャラだよねー。

 

 

「ジェンダー」って「社会的文化的な性のありよう」っていうふうに訳されているね。
例えば、日本では女性トイレは赤で、男性トイレは青で表示されるけど、それは文化的なものなんだよね。たとえば、ベトナムでは、トイレはどちらも青色表示。男女で色分けされていないの。「女だから」「男だから」って、いつのまにかわけられてしまっていることに、ちょっと疑問を持ってみないといけないって思うんだよねー。

 

 

「問題のあるレストラン」をみていると、ジェンダー問題がデフォルメされているので、とても目につきやすいし、おかしいよね!って気が付きやすい。女性として、そうそう、そうなのよ、ってものすごく共感できるんだよなー。

 

男性たちは、どう見てるんだろうね、このドラマ。大げさな!俺たちは女を大事にしてるし!なんて思ってるんじゃないのかしら~~~~

 

 

 

■みんなの感想

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す