スポンサードリンク

ドラマ デート 感想 長谷川博巳の高等遊民役ハマってる!ダンスがけっこう上手だよね!


デートが苦痛な人たちの恋愛ドラマって、超面白いんですけどぉぉ~~!!
いや、恋愛ドラマじゃないのかな?社会派ドラマって感じ!?

imageでーと

まさかの、歌や踊りのプロポーズ、そんでいきなりの破局wwww
そうか、やっぱり依子でもニート男はダメなんだねぇぇ。依子がバリバリ仕事をして、巧が主婦として家を守る、っていうの、けっこう合理的だと思うんだけどねー。
依子はこの話に飛びつくかと思ったけど、違ったんだね。

スポンサードリンク

恋愛感情抜きで結婚できるか?

好きになれない相手だけど結婚はできる、っていう依子の考えについて行けないお父さんと鷲尾クン。まー、そりゃあついていけないよね・・・・

 

でもさ、確かに昔の日本は、結婚って家同志のもので、新郎新婦が結婚式のその日に出会う、っていうケースも多かったんだよねー。

 

私、スリランカ人の友人が何人かいるけど、いまだにそういう結婚の形式があるらしいよ。
あっちの国は、星占いで結婚相手を決めるんだってー。
そこにはマジで契約だけがあって、恋愛感情は排除されている。
それでも、ものすごく円満な家庭が多いんだってよ~~~~

 

私の大好きなインド映画でも、おばあさんが娘たちに
「あなたのおじいさんとは結婚式の時に出会ったの。結婚してから恋愛したのよ」
って話して聞かせる場面があったよー。

 

依子のお父さんは、依子に幸せになってもらいたいから、好きな人と結婚して欲しいって思っているようだけど・・・・お父さんの気持ちもわかるけどねー。
ま、依子もお父さんが自分を心配してくれている、っていうことはよく承知しているので
結婚しよう、っていう気持ちにもなったんだよね。
っていうかさ、鷲尾クンがいるじゃんね!?すんごくイケメンだし常識人だし仕事してるし。
お父さんとの信頼関係あるし。それに鷲尾クン、なんだか依子が好きみたいだし、
結婚相手に最適じゃないねぇ。お父さんも大安心じゃないよー。
もどかしいなぁぁぁ~~~~~~。
鷲尾クン、依子のこといつから好きだったんだろうね?

 

私も、依子ほどではないけど、子どものころから結婚への憧れなんて微塵も無かったよ。
結婚したいって思わないし、ウェディングドレスへの憧れも全く無いし
結婚式とか披露宴とか恥ずかしくてできるか!って感じだしー。
だから、実は恋愛感情なしに結婚はできる、って思っちゃう派。
でも・・・・生理的に受け付けるかどうか、っていうのが重大なんだよなー。
一緒に暮らすってだけじゃないもんねぇ。子孫残すためには・・・・・・ねぇ・・・。
となると、やっぱり好きな人じゃないと無理なのかなぁぁぁ~~~~~。

 

あー、依子のことだから、人工的に妊娠とかしたりして!?今の技術ならできるもんね。
不妊治療みたいなもんだよね。
それだったら、生理的に受け付けない相手との子供が持てるよねー。

 

きっとこのドラマ、二人の間に、徐々にに恋愛感情が芽生えてくる
っていう内容なのかしらね。最終回あたりで、デートがすんごく楽しくなって
そんで結婚して普通の夫婦になってー・・・・っていうハッピーエンドなのかな!?

 

 

 

■2回目のデートは遊園地

すぐにでも結婚して新たな寄生先を確保したい巧。
でも、父親を安心させるために、しばらくデートを続けようと提案する依子に押されちゃったね。

「その辺の凡庸なカップルのようにデートをしてはしゃげばお父さん満足なんでしょう」って、デートを楽しんでいる様子を逐一お父さんに知らせることにした依子。「リポートとして報告します」だってーーー面白すぎです!!

 

2回目のデートは遊園地。「デート」「楽しい場所」で検索したら、高い確率で遊園地が出てくるから、って言う理由で決めたんだねぇ、依子。
ちなみに、私も検索してみたけど、遊園地って特に出て来ませんでしたよぉぉぉぉ~~~
ディズニーデートとか、テーマパーク、って言うのは上位に来てたけど。
あ、ドラマの中で遊園地のことを「テーマパーク」って言ってたから、いいのかー。
遊園地の入場門を前に「緊張してきました」っていう巧。それに対して
「人々が楽しむために作られた施設ですから、楽しめるはずです」って冷静に答える依子。
二人とも決死の表情で中に入っていったねぇぇぇwwwwww

 

巧が、遊園地に入って15mもしないうちに人酔いしてフラフラになて倒れちゃったww
「地獄絵図のようだ」って!    無理もないよね、ずっと引きこもってたんだから。
「気を確かに!」って答える依子も面白いよぉぉぉ~~~

 

脚本が面白いねぇ~~~脚本家が面白がって楽しんで作ってる、って言う感じが伝わるよ!

 

巧「苦手なんです。ああいう下品な子どもや民度の低そうなカップルが・・・」
依子「わかります。人生を浪費している人々の吹き溜まりのように思えます」
巧「やはりお互い苦手な場所でしたね。」
依子「あまりにも何度が高そうでしたら、場所を変えても構いません」
依子の提案に賛成しようとしたけど・・・・巧のポケットには婚約指輪が入っているので・・・・
「苦難も、通り過ぎてしまえば甘美なもの by ゲーテ」って言葉を引っ張り出して
苦難に立ち向かう巧。

巧「ここで逃げてはダメです。このテーマパークを楽しむことができたら、もう怖いものはありません。お父さんに納得してもらうためでしょう。必ずや、このテーマパークを楽しんで見せる。
いざゆかん、われら、戦場へ。」

 

いいよねぇぇ~~、この、大げさで時代がかったようなセリフ。

 

巧が、長谷川博巳さんだからイイ感じにも見えたりするんだよね。
引きこもりだけどルックスいいから、生理的に受け付けるもんねぇー。
私だったら、長谷川博巳さんと恋愛感情なしで結婚できるよ!!!

 

二人は、遊園地で「つわもの」を発見したんだよね。つわものってwwwそういう単語使うから面白いんだよなぁぁぁ~~~~!

「上達の近道は、熟練の模倣をすることです。」って、そのつわものカップル(っていうかおバカカップル)のマネをしてみることにしたんだよね。
顔に落書きとかしたりしてさ・・・・・。

 
スポンサードリンク

 

ジェットコースターでは無表情の依子・・・・杏ちゃん大丈夫だったのかな!?
ホントにジェットコースターに乗ってたみたいだったけど、よくあんな顔していられるよねぇ。
あ、比較的緩やかな部分で撮影したのかな。他の部分では絶叫してたんじゃないのかなぁー。
こんど、あんな風に無表情で乗ってみよう。できるかなぁ!?

 

巧「お・・お・・思ったより迫力ありましたねぇ・・」
依子「それは、天辺の位置エネルギーに加え、速度は質量と重力加速度の積ですから、乗客の人数や体重によって変わるのです。」

 

お化け屋敷も、ブーラブーラして気持ちが悪くなる船みたいな乗り物も
なにもかも、無表情な依子。一方、巧はだんだん楽しくなってきたみたいだねー。

 

やっぱ、もしかして巧が嘘をついていうのでは?って不安に思ってたのかな。

 

 

 

プロポーズ!

あれって、今流行ってて話題のプロポーズだよねぇ~~~
サプライズで、歌や踊りで盛り上げる、っていう・・・・・

正直、恥ずかしいよね・・・よっぽど好きな相手からだったらいいだろうけど
微妙な人からのプロポーズだったら・・・・・とりあえず仕方ないからその場では受けないと仕方ないよねー。断れないよね・・・・・。

 

イイ感じになったところで、鷲尾クン登場してぶち壊しにぃぃぃ~~~~~~!
まぁ、もともとぶち壊し的な感じではあったんだけどね。
プロフィールの嘘を告白しなきゃいけないんだもん。

 

6時半になって、プロポーズの為の音楽が流れた・・・・
広末涼子の「とってもとってもとってもとっても・・・だいすきよ」っていう歌!
巧の友達の家には広末涼子の若い頃のポスター貼ってあるもんねぇ~~~
「フラッシュ・モブ・プロポーズ」っていうんだってね、この歌ったり踊ったりするやつ。
まわりの人が全員仕込かぁーーー。

 

巧、ちゃんと踊ってたじゃん!「ボックスは踏める」なんて言ってたけどさ。
なんだかんだ言いながらも、まじめに練習したんだねー。
私なんて平凡な女なんで、ちょっとジーンってきたんだけど、やっぱり依子は違ったね。
ピシャリと、プロポーズを断った!

 

「藪下さん、僕と結婚して、僕を養ってください!お願いします!」

 

うーん、このプロポーズ、さすがの依子も受け付けなかったねぇぇぇー。
「私はあなたを軽蔑します」とまで言い切った!!!

 

こういうケース、あるのかねー。仕掛け人たち、どうしたらいいか身の置き所が無くなっちゃうよねー。踊った後、プロポーズが断られて難しい状況になっているときだって、仕掛け人たちは、ずっとポーズをとり続けていたよねぇぇぇ。シュールだわぁぁ~~~

 

高等遊民という生き方を、社会システムのエラーだと切り捨てた依子。鷲尾クンからも働け!って何度も言われて、とうとうキレちゃったのか、巧がこう言った。

 

「そのとおりだよ。君たちのいってる事はなにもかも正論だ。理屈ではね。ぼくは確かに負け犬でダメ人間かもしれない。でも、負け犬で何がいけないっていうんだ?君たちの言っていることは全部理屈だ。社会に貢献しなくったって親孝行しなくたって別にイイじゃないか。僕に言わせれば、君たちこそ、現代の貧相な価値観に凝り固まった哀れな人種だよ。」
おお~~~~言っちゃったねぇぇ~~~!

それから、女が結婚して家庭に入ることを「永久就職」っていって認められているけど
男も結婚して家庭に入って「永久就職」してもいいじゃないか!
っていう巧の理屈にも、うん、そうだよね、ってうなずけるところがあるよ。
ジェンダー論的に、巧の視点は褒められるものだとおもうんだけどなぁぁぁ~~~

 

依子は、父が泣くから巧とは結婚しない、って言ってたね。
そんなら、さっさと鷲尾クンと結婚しなさ~~~~~~い!!!!

 

来週も楽しみだね!

 

⇒デート第一話。高等遊民とは・・・?

 


スポンサードリンク

4件のコメント

  • 白鳥

    こんな敬語もまともに使えない感情まる出しの高校生みたいなバカ女の感想文を読んでしまって、気分が悪いです。この文章を書いたのはどんな人なのかと思いました。

  • kizaki

    白鳥さ~ん

    コメントありがとうございますヽ(^。^)ノ
    読んでくださって、ありがとうございました!!!

  • はるみ

    周りにドラマ見る友達がいないから、感想がとても楽しく共感して読めました。これからの展開が楽しみですね!

  • kizaki

    はるみさん

    コメントありがとうございますヽ(^。^)ノ
    嬉しいです!!!

    回を追うごとに面白くなってきますよね、このドラマ!
    4角関係に突入・・・・・!
    私は鷲尾クンが好き~~~~

    いろいろ語り合いましょ!!!

コメントを残す