スポンサードリンク

ドラマ5→9私に恋したお坊さん 感想2話3休さんがかわいすぎる!高田彪我くんが女の子すぎる!


ありゃりゃ~~試験は合格だたのに、高嶺が不合格にさせちゃったとは!!!

rp_image385-300x261.jpg

せっかくいい雰囲気になっていたのに、ぶち壊しだなぁこりゃぁぁwww

お坊さん,潤子をいつもストーキングしてるんだけど、お勤めとか修行とかする時間あるんだろうか?
まーだからこそ、潤子が困った時には常に助けてくれる状況になるんだけどね。
ステキな人なんだけど、進路のジャマをするのは困ったもんだよね・・・・・

スポンサードリンク

かっこいいし高学歴だしケンカも強いし、ほんとステキだわぁぁー。あんな素敵な人がストーカーだったら・・・・許しちゃうかなぁやっぱり。しかもジミーチューの素敵なヒールをプレゼントしてくれるなんてさぁー。シンデレラの王子様みたいに、靴を履かせてくれるなんてさー。あーウットリしちゃったわよあの場面!でも私のような甲高EEEの幅広い足は美しくないので、あんな場面になったら足を隠したくなっちゃうよなぁ~~~~~

 

しかし、どんなにステキでも、夢を壊すようなヒトはちょっと・・・って感じだよね。
せっかく試験に受かっていたのに。一番だったのに。それなのに裏から手をまわして不合格にさせるなんて。しかもそれを潤子に言っちゃうなんてさ。言わなきゃいいのに。まー言わないとドラマにならないけど。

 

高嶺は静かな環境で育って、潤子のにぎやかな家庭環境に感動していたね。ああいうの見たら、かわいいなぁぁ~~~って思っちゃうんだけどねー。

 

実は私も禅寺で座禅修行2泊3日、っていうのをしたことがあるんだけど
確かに食事中は一切音を建ててはいけなかったんだよね。
私も潤子と同様、沢庵を食べるのにものすごく苦労したよ。いかに音を立てずに噛むか、って・・・。
ご飯をいただいたあと、お茶碗にお茶をいれて(白湯だったかな・・?)沢庵をお箸にとって、お茶碗の中にいれて、沢庵を滑らせてお米をかすりとってお湯ごと食べて、お茶碗をピカピカにする、っていうお作法だったの。そんで、一番最後にその沢庵を食べるんだよね。静かにね。

 

産まれたときからそういう環境で育った高嶺。沢庵をポリッと音をたてて噛むことは、彼にとっての大冒険だっただろうねー。

 

さっきも書いたけど、あの靴を履かせるシーンは最高だった。

潤子「なんで優しくするのかな」
高嶺「あなたのことが好きだからです」
潤子「はじめて好きっていいましたね」
高嶺「今晩はあなたの気が晴れるまでそばにいます」

 

そして、そのままロマンティックなシーンになって行くかと思ったら・・・・

潤子「がんばったんですけどねー。かないませんでした」
高嶺「あなたが一番です。あなたが一番です。」
高嶺「私が頼んだんです。あなたを不採用にして欲しいと。言いましたよね。私はあなたから離れないと。」

 

ひえぇぇぇぇ~~~~~たまげました!!!
どんなにステキでも、あんなことされて、潤子は高嶺を赦せるはずがないでしょー。

 

っていうか、ダルビッシュ選手の元妻、紗栄子さんがとっても悪い女の役で出てるねぇ。
彼女が何をしても何をいっても、どうしてもダルビッシュ選手のことが浮かんできちゃうんだよなぁ~~~。ダルビッシュ選手にはもうお相手がいることだし、紗栄子さんも頑張ってほしいよね。

 

それにしても三休さんのかわいいこと!あの天使の声で「まだまだ修行が足りませんな」なんていっちゃって、もうハートを鷲掴みにされてしまいましたよ~~~~~
それから、高田彪我くんが女学生姿になっているんだけど、顔も小っちゃいし、女の子に見えるよねぇぇぇ!!あれってあとで「実は男の子でした」っていう風になるんだろうか?楽しみだねぇ!!

 

みなさんの感想は?

 


 


スポンサードリンク

コメントを残す