スポンサードリンク

トミーとタペンス‐2人で探偵を‐ アガサクリスティ―のドラマに期待。でもダウントンアビー早く観たい!!


意外に面白くて気が付いたらハマっちゃってた「情熱のシーラ」も最終回を迎え、いよいよ待ちわびたダウントンアビーか!って思ってたら・・・・・・・違ってたぁぁぁぁ!!
アガサ・クリスティーの最新作だってさー・・・面白いの!?

image376

生誕125周年を記念して、今年イギリスで放映されたばかりのドラマらしいね。
1950年代のファッションとかも楽しめるらしいのだが・・・
期待していいんでしょうか!???いいんですね?

っていうか、ダウントンアビーはよ!!!!!待ちくたびれたよぉぉぉ

スポンサードリンク

「ダウントンアビー」がシーズン3であんな終わり方をして、はやくシーズン4を!!!!って思っていたところに、いきなりスペインドラマで何じゃ!?ってガッカリしたけど、NHKさんの術にかかって、まんまとドハマりしてしまった「情熱のシーラ」。シーラに会えなくなるのは寂しいけど、いよいよダウントンアビー4だ、マシュー亡き後のメアリーはいかに!?ってワクテカしてたら、次はアガサクリスティ―とな!!??

 

「トミーとタペンス」っていうタイトルなのよね。「トミーとマツ」を思い出してしまった私は、もうヤバいでしょうか・・・・。

 

私はちっとも知らなかったんだけど、アガサ・クリスティーファンの間では、かなり有名なふたりなんだって、トミーさんとタペンスさんって。二人は夫婦なんだってさ。そんで諜報員なんだってさ。えーっと、諜報員っていうことは要するにスパイっていうこと?「情熱のシーラ」もスパイのお話だったし、同じくらいの年代の、スパイ繋がりドラマっていうことなのかしらー!??

 

「トミーとタペンス」っておしどり探偵で、仲良し夫婦が謎解きをする、っていう内容らしいよ。なんか、日本でもよくある2時間モノのサスペンスドラマっていう感じなのかしらねー。
長くシリーズ化されてきた小説なんだって。
今回NHKさんが放映するのは、その「トミーとタペンス」シリーズの第1話で「秘密機関」っていうお話らしいよ。その次に「NかMか」っていうお話なんだってー。

 

『秘密機関」が発表されたのは1922年。
NかMかは1941年。約20年たっているんだけど、物語の登場人物たちも、ちゃんと年をとってるんだってねー。サザエさん達とは大違いだね!!!

 

一刻も早くダウントンアビーを観たいんだけど、仕方がない・・・・来年まで待つか・・・・・
トミーとタペンスに・・・・・またハマってしまうのかなー・・・・

っていうか、どーしてダウントンアビー4がまだなのかしらー。何か大人の事情があるのかしら。
ダウントンやる前にトミーとタペンスを放映しなさい、ってイギリス側から条件出されているのか・・?
はーやーくーダウントン観たい~~~!

でも、今まで観たことなかった素敵なスペインドラマを見せてくれたNHKさんだから、「トミーとタペンス」にも期待しちゃうからね!!

 

みなさんはどう思いますか?

 


 


 


スポンサードリンク

1件のトラックバック

コメントを残す