スポンサードリンク

ダウントンアビー 最終回感想 次は映画で皆に会える!トーマスおかえり~ダウントンロスをどうしよう・・・


トーマスが執事として戻ってきて良かったぁぁぁぁぁ~~~~~
全てが収まるべきところに収まった、ハッピーエンドのダウントンアビー。
皆が幸せになって嬉しいけど、ダウントンの皆に会えなくなるのは寂しすぎる・・・・

rp_image438-300x181.jpg

 

毎回怒涛の展開で、内容濃すぎて感想をまとめることもできなくて
あっという間に最終回!!!!
ダウントンロスに、これからどう向き合っていけばいいの!?
でも!!!どうやら映画化が決定したらしい~~~~
ばんざーい\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

スポンサードリンク

「休日ってなに?」という、ヴァイオレットおばあ様の最高語録、それを上回るのが出なかった最終回だけど・・・・
イギリス人の気質のことを「歴史があるから、と言われているけど、お天気のせいよ」というのも、なかなか良かったかな。
オリジナルのセリフは

「 “Some say our history, but I blame the weather.“」

Tシャツにプリントしてもよさそうだよねー。

 

あと、最終回に、私の胸に最も刺さった言葉は、ローズが伯爵を病院に連れて行って、コーラの仕事ぶりを見せたときに

「繋ぎ止めたかったら、彼女を自由に行かせて」的な意味の言葉を言ったでしょう。

あの、お転婆でトラブルメーカーだったローズが、すっかりレディになってあんな素敵な言葉を伯爵に言うなんて、本当に信じられない!

ローズのオリジナルのセリフは

「If you want to keep her, Robert, you must let her go」

うーん、英会話の勉強になるわねぇぇぇぇ~~~~~~~~~

 

さて、私もずーっと願っていた、イーディスの幸福。
メアリーよりも位が上の公爵夫人になって、マリゴールドのことも姑にあっさりと認めさせたし、素晴らしいハッピーエンド!!!

幸せに慣れていないイーディスは、「すごく変なんだけど、とても幸せなの!」って少し戸惑っていた様子。

「It’s so strange, but I feel completely,completely happy!」
なんて言ってて・・・・この完全な幸せは、これからもずっと続くのよ、ってコーラに祝福されていたねぇ~。

 

カップルが次々に誕生しましたよねぇぇぇ~~~
髪を切ったデイジーとアンディはすぐに結婚しそうな勢いだし
パットモアさんも、デイジーの義理の母になりそうな感じじゃない!??

 

イザベルとマートン卿も良かった!マートン卿は瀕死の状態かと思っていたら
じつはただの貧血で、まだまだ元気に長生きしそうな勢い。
イザベルと幸せに幸せに暮らしていきそうですよねぇ~~~~~

 

モールズリーとバクスターの素敵カップルも、早くゴールインしてほしいものよね。
最近モールズリーの株が上がりっぱなしよねぇ~ドジ担当だったのに!!!

 

トーマスに彼ができなかったのが残念・・・・・・

 

えーっと、ひとつ理解ができなかったのが、結婚式でイーディスのブーケトスを見事キャッチした女性って誰だっけ?っていうこと。
最初は、元メイドでシビルのお蔭で秘書になった女性かな?って思ったんだけど
もしかしたら、あのトラブルメーカーの元教師!?
トムに頼んでこっそり屋敷に入ったり、伯爵にケンカふっかけていた、あの女性!?
んで、ブーケももらったことだし、もしかしてトムと結婚しちゃったりするわけ!??

 

映画化の話が進んでいるらしいので、シーズン6の「その後」を見ることができるのかしらねぇ~
寅さんみたいに、年に2回くらい映画作って、シリーズ化してほしいものよね!!!

 

さて皆さんの感想を見てみましょ☆

 

 

   

 

 

 

 

私もNHKさんにお願いしたい!
またシーズン1から放映してください~~~~~~~!!!


スポンサードリンク

2件のコメント

  • ブーケを受け取ったのは、イーディスが新しく迎えた編集者だと思います^ ^
    仕事仕事で結婚はあまり考えていない女性がブーケを受け取ったということに。

  • kizaki

    ひさん、コメントありがとうございます< (_ _)>

    ああ、ブーケの謎が解けました!
    教えて下さってありがとうございます!!
    新しい編集者の女性だったんですねぇ。

    はやく映画観たいですよね~~

コメントを残す