スポンサードリンク

ダウントンアビー6ネタバレ感想第1話ヒューズさんがありのままを捧げる決意!


新婚老夫婦のあり方を世に問うたダウントンアビーシーズン6!
「本当の夫婦」ってどういうことよ~ん!!キャァァァ赤面

image439

っていうか、メアリーの着物ガウン、とっても素敵だったよねー。
肌触りの良い薄い絹でできているような感じだった。

お父様に助けられたメアリー、運のいい女よねぇホントに!!

今回もぎっしりエピソードがつまっていたダウントンアビーでしたね~

スポンサードリンク

時代が変わって、環境も人の心もどんどん変化していくんだね。
カーソンさんが良しとする上流階級の暮らしがだんだん質素になっていくんだね。

今回、一番変わったなーって実感したのはデイジー。
あんな大勢の前で、しかも以前だったら目も合わせてはならないような上流階級の旦那様たちに向かって、堂々と意見を言えるなんて!
新しい時代の女性になったんだね。それも、あの生意気な女教師のお蔭っていうもんなのねぇー。
お蔭、っていうか・・・あの女教師もだけど、堂々と意見を言えるのはいいけど、その場の空気とか、後先考えないところまで似ちゃって、困ったもんだよね。
お屋敷も解雇されて当然なんだけど、伯爵家って本当に寛大。残ることができたんだね。デイジーいないとパットモアさん困っちゃうもんね。

 

うん、本当に。どんなゴールを想定してあんな暴挙に出たんでしょうか。
まさか、領主さまたちが「その通りでございます!」っていってデイジーの義父をまた雇ってもらえるようになるって思っていたのかしら。

さて、メアリー。お父様の機転で無事に困難を切り抜ける事ができたんだけど
父親としてショックだったろうね。
まぁ、子どももいる女だから、そこまでショックではないだろうけど・・・・

伯爵、あなたはメアリーが、どんなすごいことやったかご存知ないのよね。
まだ嫁入り前の時に、お客人を部屋に招待してイチャイチャの最中に死んでしまって
死体を母親とメイドとで運ばせてるんだよね。
殺人ではないんだろうけど、殺人にも匹敵するんじゃなかろうか。

だから、リバプールへの婚前旅行を私たちが知っても、あーメアリーの事だもんね、って特に驚かなかったのよ。お父様である伯爵にはショックだっただろうけどさー。
あの事件は、伯爵の耳には一生入ることは無いんだろうね。メアリーも母親も言いたくないだろうし、アンナは忠実だし。言うとしたらイーディスよね。イーディスは真相知ってるんだもんね。メアリーにあんなに意地悪されてるのに、よくお父様に言いつけないよねー。

ヴァイオレット元伯爵夫人が健在で良かった!
デンカ―をさっさとクビにしてほしいけど、後任はなかなかみつからないだろうしね。
「たまには恐怖で支配するのもいいのよ」的な事いってたよね。
奥さま流石!!!!

あー、早く寝ないと明日が大変・・・
いろいろ書きたいことあるんだけど、とりあえずお休みなさーい!!
私も着替えを侍女に手伝ってもらいたいわぁ・・・


スポンサードリンク

6件のコメント

  • うさぎ

    来咲さん、こんにちは!
    ついに来てしまいましたね、ダウントン最終章!!

    私もこの間の「シンデレラ」を観て、ローズとデイジーに興奮してしまいました…。
    「美女と野獣」の野獣はマシューなのですか?!
    ヒロインは、ハリポタのハーマイオニーですよね。
    ダン・スティーブンスさん、素敵ですもんねぇ。(言われてみれば、ちょっと野獣っぽい感じも(笑))

    メアリーを脅しに来た女性は、本当に悪そうな人でしたね。
    問題を解決するのがお父様とは思いませんでした!
    こういう場合は、トーマスの出番かと思い込んでました(笑)
    でも、あんな奴に50ポンドでも払うなんて、悔しいですねぇ。
    事なきを得たのはよかったですが。

    アンナとベイツ、やっと幸せになったのに、予告ではちょっと暗い感じでしたね。
    なんだか心配です。
    メアリーの最後の恋のお相手はどうなるのかしら。
    ローズはまだ出てこないですね。ローズが出てくると、雰囲気が明るくなる感じがしてほっとします。
    色々と今後の展開が楽しみなシーズン6です。
    映画の話があるなら、ダウントンアビーのメンバーでパロディ版みたいのも見てみたい気がします。是非、マシューも参加してほしいものです。

    • kizaki

      うさぎさん、コメントありがとうございます< (_ _)>

      シンデレラ、興奮しましたよねぇぇ~~~わかりますよぉぉぉ
      これからも、ダウントンの誰かが他の作品に出てたら「あ!!!」って指さしてしまいそうですよね~~~
      マシューもハリウッドで大活躍!いつかダウントンアビーに戻って来てほしいですよね。
      映画化、本当に実現しますように・・・・

      今日の3話も面白かったですねぇ~
      トムの丸さに驚いてしまいました・・・!!!

  • もこもこ

    いつもこちらの感想楽しく読ませてもらってます。
    ついに最終章になってしまって、早く続きが見たいような複雑な心境ですね。

    ところで、メアリーのパムーク事件、伯爵はご存知のはずです。
    シーズン2後半で元婚約者サー・リチャード・カーライルに秘密を知られて、そのせいでいろいろあっても婚約破棄出来ないとコーラから知らさたはずです。
    もし婚約破棄したことで新聞沙汰になるならアメリカでも行くか~って言ったシーンが印象的でした。
    ↑その頃ベイツも殺人罪(冤罪)で服役中で、万が一死刑にでもなったら、アンナが一緒に行きたいとか言ってたし。

    今回伯爵がそれほどショックを受けてなかったのは、その辺りのことを覚えていたからじゃないかと思ったりします。

    • kizaki

      もこもこさん、コメントありがとうございます< (_ _)>
      拙い感想文ですが、読んでくださって恐縮です~~~~(*^_^*)

      えー!パムーク事件、伯爵はご存知だったんですね!!!!見逃していました~~
      教えてくださいってありがとうございます。
      そういえば、なんだか思い出してきましたよ!婚約破棄できないってメアリーが悩んでいましたよね。ああ、もういちど最初からじっくり見直したいなぁー。

      伯爵があの事件をご存知だったら、確かにリバプールのお忍び旅行とかにひどいショックは受けませんよね。

      メアリーは誰と再婚するのかなー。楽しみです!!!

      • Fake-Violetよ

        メアリーのパムーク事件、伯爵はご存知のはずです、という [もこもこさんのコメント]正解です。問題はあのトーマス・バロウです。彼があのパムークにメアリーの寝室の場所を密かに教えた犯人でした。どの部屋に誰が寝ているかなんて来訪者が知ることはありえないですからね。あの辺りのいきさつをもう一度ご覧くださいまし。以上、一度は貴族に生まれたかったVaioletモドキから、一言追加します。

  • Fake-Violetよ

    さっきの続きでもう一言。バムークの変死事件を手紙でトルコ大使館に密告したのは妹Edethでした。大使館関係者と折衝して表ざたにしないためにグランサム伯爵が密かにロンドンに行ったのだったか、弁護士を通じてロンドンのお偉いさんに連絡したか、とにかく、あの一件は、美人で男にもてる姉に対する非美人系・妹の嫉妬!の凄さに加えて、使用人バロウズが行ったご主人筋に対する遠回しのしっぺ返しだったと見受けられました。嫉妬がいかに重大な事件とつながるか、その恐ろしさをあのように殺人事件にまで拡大して見せたのだとすると、やはり、作者の技が冴えていますなぁ・・・なんて思う今日この頃ざます。

コメントを残す