スポンサードリンク

ダウントンアビー5 第3話感想


「秘めごと」がテーマの第3話。
登場人物それぞれの「秘めごと」がクローズアップされてて
これはまるで「秘めごと」の宝石箱やぁ~~~!(なんのこっちゃwww)

image419

一番ビックリなのはヴァイオレット元伯爵夫人の異国での恋!!!
かけおちまで申し込まれたっていうじゃない~~~~

あー今回も盛り沢山だったねぇぇ
コーラ夫人も伯爵以外の男性から紳士的に扱われて、心が動いてるっぽいし。
これからどうなる!???

スポンサードリンク

みんなの秘め事、いろいろありましたよねー。
メアリーにもイーディスにも、パットモアさんにも、ヴァイオレットおばあ様にもコーラ夫人にも
あと、ベイツやトーマス、バクスター。他にもあったっけね。

 

まず触れたいのが、長女メアリーの婚前旅行という「秘めごと」。
スケッチ旅行っていってたのに、スケッチが無いみたいよねwwwイーディスが意地悪心を出して、スケッチ見せてよっていってたよねー。

 
港町リバプールで7日間みっちりと、ギリンガム卿とラブラブに過ごしたメアリー。
うまいこと続き部屋をとったので、部屋の中のドアで自由に行き来できちゃうのよね。

私も、外国でよく続き部屋に泊まったことあるよ。
こちら側とあちら側とに鍵がついていて、双方が鍵を開けない限りドアは決して開かないんだけど、ちょっと気になっちゃうんだよね。まぁ、ノックされたことも無かったし、良かったんだけど!あの部屋には、あんな使い方があるんだねぇ~。

 

メアリーは帰ってから、アンナに例のブツ(たぶん赤ちゃんできないようにするやつ)をを渡して、家に隠してて、なんて酷なお願い(いや、命令!)をするんだよね。それに対してアンナは「なんだか犯罪に加担している気分です。罰があたらなければいいですけど」
ってwwwwwww

 

アンナ!!!メアリーのものすごい犯罪に、すでに加担してたじゃないのーーーーー!!
メアリーの寝室で亡くなったお客さんの亡骸を運ぶという、犯罪隠匿罪をすでに起こしてるってばwwwwww
さてさて、ギリンガム卿はすっかりメアリーの虜になっていたのに、メアリーってばちょっとクールな感じ・・・。「一緒に寝るのにも慣れたわ」って軽く言うメアリー・・・すごいねwwww

でもこの秘め事は、あっさり明るみに出てしまうことに。よりによって、ヴァイオレットおばあさまの従者に見られちゃうなんてね!

 

いや、ラッキーだったのかな。みられたのがヴァイオレットの従者で。
他の人だったら、スキャンダルとして言いふらされて破談になってもおかしくないよねー。

ヴァイオレット元伯爵夫人の危機管理能力って本当に優れてる!
従者からメアリーが見下されないように、とっさに会合だなんて嘘つくなんてね。
あんなしたたかさが欲しいわぁ。さすがヴァイオレット!!!!!!

 

 

でも、そのヴァイオレット伯爵夫人にも秘め事があったとは~wwww
トラブルメーカーのローズがロシア難民(反体制の貴族なんだってね)を屋敷に招待したときに
秘密を共有しているクラーギン公爵と再会しちゃうのよね~~~
あのセンスは、お屋敷(お城?)が暑くて、きっと汗たらしちゃってるバイオレットに、クラーギン公爵がセンス(扇子)を貸してあげたんだってね。で、それをヴァイオレットが持ち帰っちゃったらしいねぇぇ~~~

 

なんか、公爵とは「駆け落ちしよう」って言う話になるほどの仲だったということなので
もしかしてヴァイオレットが汗をかいちゃった理由は・・・・きゃぁぁぁ書けないwwww

 

ヴァイオレットは、メアリーに淑女についてのお説教をしてたよね。
「貴族の淑女は欲望が無いの。母親に教わるまでは」
みたいな内容の話をしてて、ちょっとびっくりしちゃったわぁぁぁ。
ずいぶんあけすけなのねぇ。

 

ある意味、ヴァイオレットの血を濃く引き継いでいるメアリー。二人はなんか対等な感じがするよね。私は祖母とあんな会話はできないなぁ~。
二人はこれからどうなるんでしょうね。メアリーはギリンガム卿と結婚するのかな。

 

さて、次女イーディスの秘め事は、極秘に産んだ娘マリゴールド。
非常識なほどに家の中に入り込んでマリゴールドを溺愛するイーディスに、ドリューの妻は激怒。そりゃぁそうだよ。気味悪いし。夫と親密な感じなのもとっても気になるし。

 

ドリュー、奥さんに打ち明けちゃえばいいのにね。そうすれば丸くおさまるのに!
一体誰に義理立てして奥さんに言わないのかしら?伯爵の農地を使わせてもらっているから?でも妻にだけはこっそり打ち明けてもいいと思うんだけどなぁー。妻が言いふらしちゃうって思ってるのかなぁ。奥さん本当に気の毒だわぁ。イーディスにもう来てほしくないっていうのもわかるよ。その通りだよー!!

 

 

トーマスの秘め事は、何だろう。「人生は選べる」っていう本について書店に電話したりして。自己啓発本なのかしらね。
電話の相手は本当に父親だったのかしらー。父の具合が悪いから頻繁に電話がかかってくる、なんてトーマス言ってたけど、違うっぽくない?バクスターによると「いいお父様」らしいけど、トーマスにとっては違っていた模様。やはり同性愛という当時ではタブーの件について厳しく言われたのかな。
トーマスの秘め事は今後要注意!!!

 
バクスターの秘め事は、例の泥棒事件はハンサム下僕に貢いだ結果だった、っていう事を、とうとうコーラに告白したね。それを聞いたコーラはバクスターを許し、雇い続けることになった。良かったね、バクスターさん~~!このままモールズリーさんと幸せになってほしい!

 

パットモアさんの甥っ子の話は秘め事って言ってもいいのかな?
敵前逃亡して亡くなった甥っ子を、戦争記念碑に入れないって言う話・・・。
でも、ダウントンの記念碑に入れてくれるよう、ヒューズさんを通してカーソンさんに頼んだんだけど断られちゃって、以来ずっと機嫌が悪いパットモアさん・・・。
ヒューズさんがカーソンさんを「掌で転がしている」って鋭い分析をしていたパットモアさんだったけど、甥っ子の件はこれからどうなるのかなー。最終的にはダウントンの記念碑に名前が刻まれるといいよねー。

 

コーラ夫人の秘め事は、美術商プリツカー氏とのこと!?
いや、コーラにはその気はないよね。彼女の天真爛漫さと賢さを、プリツカーが認めてほめてくれるもんだから、すごく嬉しくなっちゃってたんだよね。
だって、伯爵夫人はちょっとひどいもんね。コーラさんが何も知らない女として蔑むような言動を繰り返すんだもん。経営に関しての話にも加わらせないし。

 

コーラ夫人は、とても能力のある女性だと思うんだよね。伯爵よりもずっと度量があるというか懐も深いし思慮深いし。

普段は自分のことを話さないというコーラは、聞き上手のプリツカー氏に乗せられて、いろんなことを気持ちよく話してしまうのよねー。若い頃は美しくてモテモテだったとか。あと、お父さんがユダヤ人だとか。

 

だいたい、ロンドンに行けって言ったのは伯爵だし、コーラが娘たちを誘っても誰からも断られちゃうし、伯爵のせいで一人でロンドンに行かせられちゃったんだよね、コーラ夫人は。
で、急に予定がかわってロンドンに行くことを、コーラに内緒にしてた伯爵も悪いやろー!!
それなのに、伯爵が来ることを知らないコーラが他の人とディナーに行くことは伯爵には責められないよねぇ。

 

伯爵、いくら怒っているとはいえ、コーラを侮辱するなんてホントに器の小さい男だよ!
自分なんてメイドと恋したくせに!人の事は言える立場じゃないでしょ~~~~~

「美術の専門家が素人の君に意見を求めたというのか。全く信じられない。」そんなこと言うなんてさ。
コーラはカンカン。無理もないよー。

 

 

さて、アンナに乱暴したグリーンの事故死。
なんだか、ベイツが絡んでいるのか!?って感じにもなってきたよね。
ベイツの秘め事は、もしかしたらグリーンを・・・・・!?????

 

来週は「不協和音」というタイトル。

メアリーはロンドンでギリンガム卿に直接会い、結婚を断ろうとするが…。バイオレットはイザベルを伴ってロシアの公爵を訪ねる。長い年月を経て再会したバイオレットと公爵。その親密な様子から昔恋仲だったことが明らかに。イザベルはマートン卿からプロポーズされて…。屋敷には、ローズの父親が訪れていた。どうやら報告することがあるようだ。そんな中、グリーンの殺人事件で、意外な人が警察から疑いをかけられる。

 

↑ NHKの公式HP ↑

わーん、来週も盛り沢山すぎて、頭が爆発しそうだよぉぉぉ~~
楽しみ☆

皆さんの感想見てみましょう~

 


スポンサードリンク

コメントを残す