スポンサードリンク

おんな城主直虎 感想ネタバレ 最終回に向けて加速!信長が浜松にキタ~~次は「本能寺が変」www


もう海老蔵さんが嫌いになってしまいそう・・・それほど信長が怖く描かれていますねぇ・・・

image466

美丈夫のしんがりに中野直之の姿が・・・・!!!!直之のサービスショットに、先週に続き狂喜乱舞した女子多数!

48話のネタバレ満載で感想かきま~~すヽ(^。^)ノ
っていうか来週「かしら」に会える~~~~~!

スポンサードリンク

◆美丈夫ってなに!?

信長が浜松に物見遊山にやってきて、お城が建つくらいのお金や資源を使って「お・も・て・な・し」をする徳川家。
なんと六左は人間堤防となって、川の流れをせき止め、信長が川を渡りやすくします。お蔭で風邪をひいてしまいましたね。ずーっと水の中にいたんですもんね。かわいそうに・・・・

 

信長が浜松城に到着し、出迎える徳川の面々。無表情で何も言わない信長。何か粗相があったのでは、と怖がる徳川。

 

そこに優雅に登場した氏真ぼっちゃま。
信長が最近ハマっているという相撲を余興としてお見せしたい、と言い始めます。

 

すっかり気をよくした信長。そう・・・信長さんは男色家でもあるもんねぇ。蘭丸という美しい色小姓もいるんだもんね。あれ?蘭丸って小姓?ま、どっちでもいいけど。

 

氏真ぼっちゃまは「美丈夫をつれてまいりました」と言いました。そして、まわしをつけた男たちが入場してきて、その一番後ろに直之がっっ!!!!!

 

ところで「美丈夫」って一体どんな意味よ!?なんとなーくわかる気もするけど、ちょっと調べてみました。

コトバンクによると「美しくりっぱな男子」と書いてあります。
goo国語辞典にも「美しくりっぱな男子」って書いてありました~。
wikiによると「男らしく、風采の立派な男性。男前に近いが、より文語的な表現。」

 

そうかそうか、美しくて立派、っていうことは体格も良いっていうことですよねぇ。
確かに、体格も良くてきれいな男子がまわしをつけていましたねぇ~~

 

んで、その美丈夫の列の一番最後に直之がwwwwwwwww
「なんでワシがこのような目に・・」みたいに、ちょっと嘆いていたところもかわいかったですねぇ。あれは私達直之ファンへのサービスショットに違いありません!!

 

小さい直之が大きな男性とお相撲を始めたとき、信長は直之を応援していましたね。
家康が「信長さまは小兵がお好きで?」と問いかけると
「桶狭間を思い出す。自分はあのような小兵だった」と目を細めます。

 

直之が相手と取り組んだところは見せてもらえたんですけど、どちらが勝負に勝ったのかは最後までわからずじまい・・・・直之が勝ったと信じたいんですけどねぇ。
後で、「ユキロック」ででも語られるんでしょうか。あー、勝負最後まで観たかったよぉぉぉ~~~~

 

っていうか、万千代に「中野殿!?なにゆえ美丈夫の列に!?」って驚かれていたのが面白かったですねぇ~~

 

 

 

 

◆信長こわいんですけど・・・・

いつも無表情。そしていつも白と金の豪華衣装に黒いブーツ。
草履番は、あんなブーツはかれちゃったら困っちゃうでしょうねぇ。
お外もお屋敷の中も、ずっとあのブーツで過ごしているんでしょうか信長さんは・・。まさか、あの黒ブーツは室内履き!??ニーハイブーツですよねぇ。

 

美丈夫たちのお相撲には少し頬も緩んでいたような。美しい男たちのまわし姿がお気に召したんでしょうねぇ~~~

 

ちょうど直之のお相撲の時に、桶狭間の戦を思い出した信長。家康に、ともに戦ってくれてありがとう、弟よ、なんて言いはじめます。
お米もいっぱいプレゼントしてくれちゃいました。

 

無事に信長を送り出し、ホッとした徳川家に、また信長からの使者が。
こんどは信長のところにお招きするという内容の書状をもってきました。
家康や万千代をはじめ、側近のお侍さんもまとめてご招待、です。

 

本多殿なんかはわーい!って喜んでいましたが、実は信長には策略があって、徳川を滅ぼそうと思っているんですねぇぇぇぇ・・・こわいよぉぉ、家康のことを「弟よ」なんて言ってた信長なのに・・・怖い怖い。怖すぎて、信長を演じている海老蔵さんまで嫌いになってしまいそうです・・・・

 

信長、そんなふうに人を信じていないから他人からも信じてもらえないんでしょうねぇ。家康はこれまで忠実に仕えてきているのにね。

 

まさか、駿河をもらった時の宴席で、酔っ払った万千代が信長とその一族の首を並べる!なんて物騒な事を言ったことが、信長の耳に入ったんでしょうか!??
あ、でもそれは違いますよね。万千代がそんなこと言っちゃったその夜に、信長の使者がやって来たんですもんね。

 

氏真のお付きの人も、信長のことを「川で溺れてしまえばいいのに」と言っていましたし、皆が信長の事が嫌いなんですねぇ。

 

 

 

◆次回は本能寺の変!?

っていうか、次回のタイトルは「本能寺が変」ですってwwwwwwww
一体、どんな本能寺の変を見せてくれるのか、楽しみですねぇ~~~~

 

信長が徳川家を討ってしまうという策をまかされた明智光秀さんが、逆にその策使って信長を亡き者にしてしまおう!と思いついて、歌友達の氏真ぼっちゃまに打ち明けたんですねぇ~。
氏真ぼっちゃまも、「そんな話しんじらんな~い」とびっくりしていると、「息子を人質に出しますよ」なんて明智さんが言い始めます。もし嘘だったら、息子をどうにでもしてくれ、って言う意味の人質なんでしょうか。

 

息子まで差し出して協力を要請する明智さん。氏真は瀬名の仇も打ちたいし、って、協力することにしましたね。氏真の役割は、徳川達に信長の誘いに乗るようにお勧めすること。だから、徳川家にやって来たんですねぇ~~~~。で、家康達が信長のお誘いどうしようか、って考えあぐねているときに「行っちゃった方がよくない!?」って後押ししたんですね。
その時に、家康に耳打ちをしましたね。きっと明智さんの策を教えちゃったんでしょうね。

 

でも氏真ぼっちゃま、明智さんの息子ちゃんを井伊の井戸に捨ててしまいます。っていうか、もし明智さんがしくじった時とかに、明智の息子が自分の家にいたら、なにかと都合が悪い、と保身のために明智の息子ちゃんを井伊に置いたんですね。

 

井戸端にいた男の子、てっきり政次の生まれかわりか!?って思ってしまいました。
明智光秀のご子息だったんですね。
でも、明智の子ということは・・・哀しい運命が待っているのでしょうか。それともいいだにみんなで守るんでしょうか。

 

主人公の直虎を、本能寺の変と関係させるための、面白い脚本だなーと思いました。それとも史実にあるの?明智光秀の息子が井伊でかくまわれた、っていうのが歴史になってるの?

 

 

 

◆みなさんの反応

 

 

 

 

 

 

 

いよいよクライマックス!
来年もこのまま続けてほしいよぉぉぉ
徳川家康と万千代と直之の出世物語が観たい~~~~!!!

 

 

矢本悠馬さん演じる直之の神回はこちら!

 

おんな城主直虎の感想こちら★


スポンサードリンク

コメントを残す