スポンサードリンク

〇〇妻 感想9話 最終回に向けてどう展開するのか!? やっと結婚する正純とひかり。なのに・・・


正純のプロポーズ、ジーンとするわぁ・・・・・

image219

「久保田ひかりになってください。井納ひかりさん。」
「はい。」ハッピーエンド!っておもったら

ひかりが倒れた~~~~~なんで~~~~~~!?ひどい病気!?

スポンサードリンク

■母親と和解

やっぱり親子なんだね。ちゃらんぽらんなお母さんだったけど
やっぱりひかりを一番に考えて、そんでいざというときには身体をはって守るんだね。
病院では、やっぱりちょっと下品な母親だったけど・・・・
でも、ひかりは素直に喜んでたね。

 

お母さんと一緒に東北に行く、っていうのも悪くないって思ったんだけどね。
やっぱり、運命が正純とひかりをくっつけようとするんだねーーー。

 

黒木瞳さん、上品なマダムの役がすごくお似合いなのに、今回は頑張ったよね。
ああいうヤンキーな感じの役も、上手にこなすんだなぁ、って感心した!!

 

 

 

■正純のプロポーズ

ガランとしたマンション。もう正純はいないって思って
森のくまさんを歌っていたら、いつの間にか・・・・・・・・

 

正純、お腹弱いんだよね。
ずーっとトイレにこもっていたんだね~~~wwwww

 

指輪を取り出して、ひざまづいてプロポーズ。

「俺と、結婚してくれないか、ひかり。
俺はいろんなものを失ってきた。ニュースライフも長年一緒にやってきた相棒も
沢山のスタッフも。今までの地位とか名声も。
このマンションだって・・・・」

 

「それは私のせいで・・・」っていうひかりに対して

 

「違う!全部おれのせいだ。おまえがなにもかも告白してくれた時
それを受け止める勇気と覚悟が無かった俺が悪いんだ。
俺は本当にどうしようもない男だ。何もかも失ってから気付くんだから。
でも、俺はもう、お前だけは失いたくない。
他の物全部失っても、お前さえいてくれれば、それでいい。
今さらこんなこと言う資格が無いのはわかっている。でもこの頃、やたら思い出すんだ。親父に死ぬ間際に言われたこと。何があってもお前を手放すな。おまえから芽をそらすな。愛されることを諦めるな、って。俺はこれから、何があっても親父に言われたことを守っていくつもりだ。だから頼む。イエスって言ってくれ。」

 

「でも、私は・・・・」

 

 

「過去の事はもういい!俺はお前を許す。世界中の人間がダメって言っても俺だけは許す。
もし神様ってやつが許さないって言うなら、俺が何時間でもしゃべりたおして納得させてやる。
わからせてやる!だからもう一度お前に、おはよう、おやすみ、いただきます、ごちそうさま、いってきます、ただいま、って言わせてくれ。
俺におはよう、おやすみ、いってらっしゃい、お帰り、って言ってくれ。それ以外、俺はなにもいらない。これから何があっても、お前が望むなら、久保田正純であり続けることを誓う。だから、久保田ひかりになってください。井納ひかりさん。」

 

スポンサードリンク

 

「・・・はい」

 

 

きゃぁぁぁぁぁ感動的だよねぇぇ~~~讃美歌みたいな荘厳な音楽が流れて。
でも・・・・ひかりが倒れちゃうのよね・・・・どうしちゃったのかしら。
なにか重い病気!?それとも過労?過労くらいだったらいいんだけどー。

 

 

 

■みんなの感想

 

 

 

⇒○○妻最終回!因果応報でしょうか・・


スポンサードリンク

コメントを残す